読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハプスブルグ家による欧州支配】

【ハプスブルグ家による欧州支配】
ハプスブルグ家は中世の13世紀から20世紀初頭までの約700年間にわたる欧州の政治と文化に大きく関与してきた。その影響範囲は中欧のオーストリアばかりでなく、スペイン、ポルトガルポーランド、ドイツ、イタリア、バルカン半島までとヨーロッパ全域に及んでいる。日本で言えば江戸時代の幕藩体制のようなものか、はたまた今のEUのようなものか。約700年に及ぶ支配の中で、異なる民族に多言語の違いをどのように克服したのか、結婚政策、フランスとの対決、オスマントルコの侵入、プロテスタント問題、・・・、サラエボの悲劇、ハプスブルグ王朝の終焉と続く歴史は興味が尽きない。

 

【ハプスブルグ家の歴史(1)】
ウィーンでは、ハプスブルグ家ゆかりの地と言うことで、オプション観光で新旧の王宮やシェーンブルン宮殿をガイドして貰った。何百年にもわたる王家の歴史の中で、女帝マリア・テレジア、ヨーゼフ1世がいつどこで何をしたと聞いても殆ど理解できなかった。山川の世界史をひもといて、中世のヨーロッパの歴史が神聖ローマ帝国と言う存在に大きく影響を受けてきたこと、帝国におけるハプスブルグ家の存在などにさらに興味が湧き、講談社現代新書「ハプスブルグ家(江村洋)」「戦うハプスブルグ家(菊地良生)」を読んでみた。

 

【ハプスブルグ家の歴史(2)】
ハプスブルグ家の歴史を読んでも、同じ皇帝の名が何人か出てきて、頭がごちゃごちゃになる。自分の頭の整理をこの場を借りてしてみたい。
とりあえずハプスブルグ家の源流はオーストリアではなく、スイスである。ライン川の上流、バーゼル近辺の田舎大名であった。「鷹の城(ハビヒツブルグ)」が訛って「ハプスブルグ」となった(Wikipedia)が、1273年にハプスブルク伯のルドルフがドイツ王(皇帝に戴冠していない神聖ローマ帝国の君主)に選出されて世に出た。以降、最後のオーストリア皇帝カール1世が退位する1918年まで続く(日本の天皇に次ぐ)名門家の歴史である。写真は「双頭の鷲」でハプスブルグ家(オーストリア帝国)の紋章であるが、「双頭の鷲」は神聖ローマ帝国東ローマ帝国、東欧諸国の国旗などにも使われている。

 

f:id:kagaya1469:20170327114121p:plain

 
 
 

【近代ヨーロッパの歴史の意義】

【近代ヨーロッパの歴史の意義】
近代のヨーロッパの歴史は、聖と俗が複雑に絡み合った覇権をめぐる歴史のようです。聖はキリスト教の新教(プロテスタント)と旧教(カソリック)の争い、世俗は神聖ローマ帝国の皇帝をめぐる争いで、ハプスブルグ家のヨーロッパ制覇の戦いです。ハプスブルグ家とフランス王家の敵対、オスマン帝国のウィーンへの攻撃、スペイン・ハプスブルグ家からのオランダの独立、そして三十年戦争における新教側のデンマークスウェーデンの参戦、(カソリックでありながら新教側についた)フランスの参戦により終結。この後、神聖ローマ帝国の封建領主侯国からヨーロッパの各主権国家が成立していくことになる。中央ヨーロッパ(ウィーン)を訪れて初めてハプスブルグ家の歴史を読み返したが、フランス革命第一次世界大戦、第二次と続くヨーロッパの覇権を巡る戦争の歴史の序曲が垣間見え、大変良い旅となった。

2014年10月9日 ·   【ハンガリー・ブダペストの夜景(8/29)】

今回の旅行のハイライト、ドナウ川ナイトクルーズです。貸切のクルーズ船で約1時間、添乗員さんもびっくりの素晴らしい夜景でした。「ブダペスト物語」「幻想の経済」を書いた経済人類学者の栗本慎一郎さんがしのばれます。

f:id:kagaya1469:20170325155205p:plain

 

f:id:kagaya1469:20170325155004p:plain

 

f:id:kagaya1469:20170325154915p:plain

2014年10月9日 ·   【ハンガリー・センテンドレ(8/29)】

 

午前中はブダペスト、午後からブダペスト近郊の美しい街2か所を観光しました。
ドナウ川河畔のセンテンドレは小さな美術館やギャラリーがひしめくアートの町です。もう一つはハンガリーキリスト教の総本山エステルゴムです。

 

f:id:kagaya1469:20170325154354p:plain

f:id:kagaya1469:20170325154318p:plain

2014年10月9日 ·   【ハンガリー・ブダペスト(8/29)】

今回の中央ヨーロッパ最後の都市ブダペストです。

ブダペストを一望できる「ゲッレールトの丘」からの景色が素晴らしいの一言です。1枚目写真は左側に王宮、正面にくさり橋、右側に国会議事堂があります。
2枚目以降は漁夫の砦からドナウ川を挟んでペスト側、漁夫の砦、英雄広場です。

 

f:id:kagaya1469:20170325154129p:plain

f:id:kagaya1469:20170325154045p:plain

2014年10月9日 ·  【スロバキア・ブラチスラバ(8/28)】

いよいよウィーンからハンガリーの首都ブダペストに向けて出発です。

途中、スロバキアの首都ブラチスラバを通りました。16世紀にハンガリー帝国の首都ブダがオスマントルコに攻め落とされた際には首都となりました。写真はオーストリア太陽光発電所、ブラチスラバ城、旧市街のミハエル門、市内を走るトラムです。

f:id:kagaya1469:20170325151024p:plain

 

f:id:kagaya1469:20170325151133p:plain

f:id:kagaya1469:20170325150940p:plain

f:id:kagaya1469:20170325150744p:plain

2014年10月6日 ·   【オーストリア・ウィーン(8/27)】

いよいよウィーンです。ウィーンといえば音楽ですが、私はハプスブルグ家という歴史的存在に興味がわきました。ハプスブルグ家の夏の離宮シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、新旧王宮、シュテファン寺院など、見どころいっぱいです。

f:id:kagaya1469:20170325150328p:plain

f:id:kagaya1469:20170325150225p:plain
f:id:kagaya1469:20170325150142p:plain